コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

    当社は、経営理念である「経営の信条」を礎に、常に最良のコーポレートガバナンスを追及し、その

 充実に継続的に取り組んでまいります。
    当社は、当社の持続的な成長及び長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・
 公平性を確保するとともに、保有する経営資源を十分に活用し、迅速・果敢な意思決定により経営の
 活力を増大させることがコーポレートガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、
 コーポレートガバナンスの充実に取り組みます。
  1)株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
  2)株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらのステークホルダーと適切に協働する。
  3)会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
  4)取締役会は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、会社の持続的成長と中長期的な
        企業価値向上を促し、収益力・資本効率等の改善を図るために、以下の役割・責務を適切に
        果たす。 
     ・経営計画等による企業戦略等の大きな方向性の策定
     ・適切なリスクテイクを支える環境整備
     ・独立した客観的な立場からの業務執行に対する実効性の高い監督
  5)当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するために、株主との間で建設的な
        対話を行う。
2015年12月17日制定 コーポレートガバナンスに関する基本方針 pdf

政策保有に関する基本方針(別紙1)
(2018年12月20日改定)

pdf
株主議決権行使に関する基本方針 (別紙2) pdf
グループの資本政策(別紙3) pdf
関連当事者間の取引に関する枠組み(別紙4) pdf
当社独立社外役員の独立性基準(別紙5) pdf
取締役の報酬等に関する方針(別紙6) pdf

コーポレートガバナンスに関する報告書(2018年12月20日)