求人情報|油研工業株式会社

90秒でわかる油研工業
What is

90秒でわかる油研工業

機械や装置の作動と制御をつかさどる駆動方式の一つである油圧。
当社は1956年の設立以来、油圧機械の専業メーカーとして油圧一筋に歩み続け、広く産業界に油圧機器、油圧システムを供給してまいりました。海外においては1969年に台湾に製造拠点を設立したのを皮切りに、インド、中国を始めとしたアジアを中心に製造、販売を行うグループネットワークを築いています。
Company

数字で見る油研工業

  • 設立

    0
    創立
  • 資本金

    0
    0 万円
    資本金
  • 従業員数

    連結 0
    単体 0
    連結2021年3月末、単体2021年4月1日現在

    従業員数

    連結 0
    単体 0
    単体2021年4月1日現在
    従業員数
  • 男女比

    男性 0
    女性 0
    単体2021年4月1日現在

    男女比

    男性 0
    女性 0
    単体2021年4月1日現在
    設立
  • 拠点数

    国内 0 拠点
    海外グループ会社 0

    拠点数

    国内 0 拠点
    海外グループ会社 0
    拠点数
  • 連結売上高

    0 億円
    2021年3月期
    連結売上高
会社概要
Check Points

ここがポイント!

  • ものづくりの追求

    ものづくりの追求

    製品を作るだけでなく、構想から製品化までを一貫して開発しています。自分たちのアイデアを形として表現できるので、社員もやりがいや楽しさを感じながら仕事に取り組んでいます。
  • 仕事とプライベートの両立

    全力で仕事に取り組むためには、プライベートも充実していることが大切だと油研工業は考えています。残業時間や休日数など働きやすい仕組みづくりに力を入れております。
  • 海外展開の促進

    海外展開の促進

    油研工業は1969年から海外展開を行い、世界の成長市場で油圧需要の取り込みを行いました。現在では北米やヨーロッパなど、世界へと展開しています。
  • 女性活躍推進の取り組みを推進中

    女性社員が活躍中

    油研工業は、性別に関わらず全社員が能力を発揮し、イキイキと活躍できる会社を目指します。女性でも気軽に働きやすい環境です。
ここがポイント!
Global

グローバル対応力

How to Work

油研工業の働き方

  • 時間外労働時間

    0時間
    2020年度全社平均
    時間外労働時間
  • 新卒入社 3年後平均定着率

    0
    過去5年平均
  • 有給取得率

    0
    2020年度実績
    従業員数
  • 育休取得率

    男性 0
    女性 0
    2020年度
    復職率

    育休取得率

    男性 0
    女性 0
    2020年度
油研工業の働き方
YUATSU?

油圧ってなに?

油圧ってなに?
Message

部門紹介&先輩からのメッセージ

RESEARCH & DEVELOPMENT CENTER

日々進化する産業界からの高度な要求に対して、これまでに培ってきた独自技術をベースに、あらゆる先端技術との融合による新しい技術、製品の開発に取り組んでいます。
開発にあたっては、構想、設計・製図、解析、実験といった開発業務全般に携わる事が出来るなど、業務の幅が広いのも特徴です。

氏名:
S.A.
所属:
研究開発部 開発一課
入社年月:
2020年3月(中途)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 私は油圧ポンプの開発を担当しております。現在は2D/3DCADによるポンプ部品の図面作成や解析をメインに業務を行っています。入社後1年間は指導員がつき、基本的な業務から機器の取扱いまで細かく指導してもらえます。週ごとに業務日程を提出しそれを目標に業務にあたります。私は子育て中でフレックス勤務を活用していますが、業務の進捗は上司や指導員も把握しているため、無理のないペースで落ち着いて仕事に取り組めています。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 私の所属する研究開発部では、設計から実験、評価まで一連の設計プロセスを担っています。常に製品を身近に感じながら、技術者として知識を身に付け、経験を積める環境があります。油圧機器を日常生活において単体で目にすることは少ないですが、国内外問わず、広い分野で活躍しています。一つの設計や一枚の図面が数百、数千の製品に影響するとても重みのある仕事であり、緊張感を持ち取り組んでいます。

HYDRAULIC SYSTEM DEPT.

油圧システム製品の設計から製造までを行っている部門になります。お客様のニーズに合わせたオーダーメイドのシステム製品がメインです。システム製品は油圧ユニットとして、鉄鋼向けや産業用特殊大型ユニットなどの他に産業機械向け小型量産ユニット、標準パワーパックユニットも生産しています。

氏名:
I.N.
所属:
油圧システム部
システム設計一課
入社年月:
2018年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 現在は製鉄所などに納める大型ユニットの設計をしています。仕事の内容としては、お客様の要望に合わせた油圧回路を構築し、それを基にユニットの組立図を作図します。設計というと図面を描いてばかりという印象かもしれませんが、実際にお客様とやりとりをしたり納入先へ不具合の調査へ向かうこともあります。入社して3年が経ちますが、油圧の世界は非常に奥深くまだまだ勉強の毎日です。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 油圧ユニットという大きな製品を扱う分責任感も重い仕事なので、初めて担当したユニットが無事に検査を終え出荷されたときは達成感と同時にホッと一安心したことを憶えています。やりがいは部署によって様々ですが、自分が設計したユニットが現地で動いているのを見たときの感動を味わえるのはこの仕事ならではですね。
東日本営業部

EAST JAPAN SALES DEPT.

北海道から愛知県までのエリアを5つの拠点(東京・札幌・長野・神奈川・愛知)で担当、代理店様やお客様への油圧製品や関連機器の製品紹介・販売・アフターサービスを行っています。
当社製品を安心してご使用頂ける様、様々なアプローチによりお客様との良好な関係の構築を目指しています。

氏名:
O.K.
所属:
東日本営業部
入社年月:
2011年4月 (新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 午前:メールチェック・問い合わせ対応・見積り書、見積り仕様書、打合わせ用資料作成 議事録作成・関係部署向け書類の発行・技術部門への仕様相談・社内打合せ等 午後:代理店様訪問・ユーザー様訪問・本社工場での技術打ち合わせ等 外出後は直帰することが多いですが、緊急性の高い仕事が入れば事務所に戻ります。 遠方のお客様も担当しているため、泊りで出張を行うこともあります。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 私自身を評価いただき、受注に繋がった時が最もやりがいを感じます。 専門性のある製品の営業ですので、自社製品及び油圧システムの知識を 持ったうえでお客様の装置の特性や都合を把握し、お客様や自社へ適宜展開する 必要があります。これまでに身につけた知識や経験をお客様に評価いただいたとき、 社内から評価されたとき、そして、その評価が受注という結果に結びついた時の 達成感は非常に高いものがあります。

ENVIRONMENTAL MACHINERY DEPT.

PETボトル、廃プラスチック、空缶、切り屑、生ごみ等を再び製品材料にリサイクルを行う為に必要な機器の開発・設計・製造・販売・機械保守等を一貫して行っている部署です。リサイクルを行う事により、地球の環境負荷を低減させ循環型社会の形成と持続可能な社会を目指し、社会貢献する事を念頭に活動を行っております。

氏名:
H.G.
所属:
環境機械部 営業課
入社年月:
2018年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 朝一番に取引先からのメールを確認します。その後は新規導入の見積依頼がある場合は製作元へ納期、お客様へ仕様等を確認しながら作成します。機械の不具合対応の窓口でもあります。その為、機械の調子が悪い場合は設計課と処置方法の検討、お客様とメンテナンス依頼先との間の日程調整、修繕部品の納期確認や見積作成等を行っていきます。一日の中で上記内容を並行しながら日々業務に取り組んでいます。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 取り扱うほとんどの機械が受注生産品の為、お客様と設置場所・仕様の打合せ、現場確認等を行い見積作成します。見積作成後も1台の機械納入には、販売から納入まで多くの時間が必要となりますが、その分実際に機械が納入する現場に立ち会った時に達成感を感じます。また、納入後にお客様の元へ訪問した際、機械についてお褒めの言葉を頂くとお客様の要望に沿うことが出来たと実感でき、やりがいを感じます。

SALES PROMOTION DEPT.

国内の営業本部機能を有し、社内他本部から営業部門に対しての窓口業務、東西営業への営業支援など、国内営業による受注・売上活動に側面から支援を行っています。
また、国内代理店様の対応窓口としてカスタマーセンターを設置し、北海道、九州地区を除いた国内代理店様からの多種引合・ご発注に対応しています。

INFORMATION SYSTEMS DIVISION.

PCの使い方からITインフラの管理、基幹システムの維持メンテまで、企業内IT部門として、全社のあらゆる業務を側面からサポートする役割を果たしています。また、情報セキュリティー対策の重要性が増し、働き方の多様化が進む現在、日々進化するITを安全かつ効率的に業務に活かすための取り組みを行っています。

氏名:
K.J.
所属:
管理本部情報システム課
入社年月:
1998年 4月 (新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 年度ごとの設備計画で決定された情報機器や各種システムの導入、導入後の 維持管理関連の業務を行っています。 また全社の音声・データネットワークや構内LANの設計・維持管理・各種クラウド環境の 運用管理を行っています。これらの計画に沿った業務以外にも突発的に発生する 様々なトラブル対応などハードウェア・ソフトウェアと多岐に渡ります。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 油研工業全体の情報機器やインフラ関係を担当している為、どんな性能の機器を導入したら費用対効果が高くなるか、どんなシステムを導入したら生産効率が上がるかを研究しながら業務環境を整えていく事にやりがいを感じます。 IT技術は日進月歩なので世間の流れに遅れないようにするのは大変ですが、常に新しいものに触れられるので飽きない仕事だと思います。
生産部(生産管理課、資材課、生産技術課)

PRODUCTION DEPT.

PRODUCTION CONTROL SECTION 生産管理課

PROCUREMENT SECTION 資材課

PRODUCTION ENGINEERING 生産技術課

生産部は、各製造部の月当たりの生産機種及び生産数量を決定し、その生産進捗を管理推進する生産管理課と、生産管理課が決定した生産機種および生産数に応じた部品、材料等を外部調達する資材課、製造部の必要製造能力を検討し生産効率の優れた生産設備を設計またはメーカから購買し導入する生産技術課の3課で組織されている部署です。

氏名:
N.Y.
所属:
生産部 資材課
入社年月:
1993年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 私の所属する資材課は製品製造における部品調達や購入品購買業務を行っております。 主な仕事内容としては、発注、見積価格の評価、仕入先との価格交渉や納期調整、 検収処理や支払いに関するさまざまな業務、不具合発生時の対応など多岐にわたります。 1日の中では主にこのような業務がメインですが、月間や年間ベースでは他にも 多々業務があり、棚卸は半期に1度の重要な業務となっています。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 資材調達の仕事は企業にとって利益に直結する業務で、特に私たち製造業は利益や 品質面で大きな差が出るところです。交渉力やコミュニケーション能力が問われる難しい職種ですが、 必要な時に、必要な分を、低価格で、より良い品質のものを調達する事を心掛け、 それを目標に日々取り組んでおります。目標が達成できた時、充実感はもちろんですが、 社内、社外問わず、人との繋がりも大切にできる素晴らしい仕事だと思っています。
氏名:
M.T.
所属:
生産部 生産技術課
入社年月:
2016年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • ・メールの確認、返信、電話確認等 ・新規設備の立上げ業務、既存設備の改造、復旧等 ・工場の設備の自動化検討など ・治工具の設計(CADを使った作図) ・部品、治具が図面の寸法通り出来ているか精度確認(計測機器を使った測定) 上記業務を必要な時に行うので、業務内容は日によって違います。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • ・新規設備の立上げが終わり、問題なく動いた時(トラブルなく動き出した時) ・CADで書いた図面が実際にモノになった時 ・既存設備に問題があり、復旧できた時 ・予定していた日程通りに工事が終わった時 ・新しい技術を習得した時

NO.1 MANUFACTURING DEPT.

当工場の所在地は茨城県大子町です。大子町は四季折々の景観を楽しめて、豊かな自然の中で育った沢山の名産品もあります。
当工場は1945年7月に開設し、敷地面積は33000㎡(東京ドームよりちょっと小さい位)主にピストンポンプの組立・検査、その部品の加工・精密測定等の業務を行っています。

NO.2 MANUFACTURING DEPT.

第2製造部は主力商品であるDSG-01シリーズ電磁切替弁をはじめ、多種の油圧バルブを生産しています。工場は第1と第2に分かれており、第1工場では主に鋳物や鉄鋼材料からの部品加工と電磁切換弁の組立・検査。
第2工場では電磁切換弁用のソレノイド製造、サーボ弁や比例弁の組立・検査を行っています。
経営企画室

MANAGEMENT PLANNING OFFICE.

経営企画G
本社および国内外グループ子会社の経営計画(中期・単年度)の立案や、経営状況に応じた課題の抽出、経営指標の分析など進捗管理を行なう部門となります。
商品企画G
お客様からの技術支援や、製品開発におけるマーケティングや広報活動を行っております。また、油圧講習会を定期的に開催し、国内外問わず当社ユーザーの支援を行なう部門となります。

氏名:
O.S.
所属:
経営企画室
入社年月:
2010年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 出社したら、未読メールをチェックし、業務の優先順位を付けます。優先順位に沿って業務を済ませて から、現在取り込んでいる経営テーマの関連起案、後日会社で行われる会議等で使う資料の作成、 プロジェクト案件の進行状況確認などを行います。内容に応じて、他部署の方や海外グループ 子会社と打合せを行ないます。 最後は翌日の業務スケジュールをチェックしてから退社になります。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 経営企画室で勤務をしていると、業務範囲が多岐にわたるため、様々な知識を自然と身につくことが 多いと感じます。入社してから、多くの経営に関わる関連知識を学びました。 本社と子会社間の調整役として要望を本社へ反映したり、抱えている課題を解決したり、 「助かった」とグループ子会社からコメントを貰うとやりがいを感じます。 中国出身の私も語学力を生かせる場面が多く、海外顧客との通訳で役に立つこともしばしばあります。
事業推進部

BUSINESS PROMOTION DEPT.

大きく2つ①輸出と②生産分業推進の業務を行っています。 輸出においては、海外顧客からの注文を受け取り、システムへのインプットから船積みまでの業務となります。
生産分業推進では、海外生産拠点と連携して、効率の良い生産体制を追求しています。
製造・販売の両面で海外の方々と密接な連携が必要なグローバルな部門です。

ACCOUNTING

一般会計全般、原価計算、工業簿記、管理会計、経費予算・実績管理業務、資金繰り資金調達等資金業務、振込・ファクタリング等支払業務、従業員立替経費精算、法人税等税務申告業務、決算業務、連結決算業務、決算開示資料作成、四半期・有価証券報告書作成・提出等を行っています。

氏名:
O.S.
所属:
経理部
入社年月:
2012年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 主に、電話対応、小口現金の出納処理、伝票チェック及び会計システムへの仕訳反映、 有価証券・仮勘定・未決済項目など各種管理表の作成等を行っています。決算期には、 個別財務諸表の作成、連結修正仕訳の作成、連結キャッシュフローの作成、法人税申告時に 必要となる勘定科目内訳明細書の作成等を行っています。また、定型業務とは異なりますが、 経理関係の社内規程類の整備などを行うこともあります。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • “経理”と聞くと、個人プレーで淡々と業務をこなすイメージがあるかもしれませんが、 実際は話し合いを重ねながら仕事を進めていきます。話し合いの中で、会計に対する 認識を深められたり、自分が研究した知識が役立ったりした時に、仕事のやりがいを感じます。 また、経理の仕事は、最適な答えを導かなければならない場面が多くあります。 物事を様々な視点から考え、追究することに、経理業務の奥深さや面白さを感じます。
総務部

ADMINISTRATION DEPT.

会社の管理に係る業務を、人事と総務の2つのグループが担当しています。人事グループは、人事に係る業務(採用や組織に係る業務、人事制度の設計など)や労務に係る業務(給与計算、福利厚生など)を担当しています。 総務グループは、株式業務、取締役会運営業務、管財営繕、社内広報、庶務などを担当しています。

氏名:
A.C.
所属:
総務部
入社年月:
2010年4月(新卒)
  • 1日の仕事の流れを教えてください
  • 今までは電話や来客対応、伝票処理などの定型業務の他、海外出張手配や役員秘書業務などを行っていましたが、2020年度からは後輩ができ引継を行ったため、毎日同じ業務をするという事はあまりなくなりました。代わりに、交通費などの経費を精算するシステムを新規導入するための プロジェクトに参加し他部門の社員と意見交換しながら進めたり、上司からの指示内容を調査し提案資料を作成するなどの業務も行っています。
  • どんな仕事をしているときにやりがいを感じますか?
  • 定型業務でも例外的な問題は発生するものですが、自分で調べて、解決方法を模索し、対処していきます。それが特に複雑な内容の場合には、対処できた時に達成感を感じます。また時には社員から「ありがとう」と言ってもらえる事もあります。総務部は他部門とよく関わる 部門のため個人として認識してもらえる事も多く、こういったやり取りがあると素直に嬉しいですし、「次も自分に出来ることは精一杯やろう」という気持ちになります。
VOICE

新入社員の言葉

  • 業務課に配属されて4か月がたちました。本配属となり当初は不安が募る一方でしたが、業務課の先輩方が温かくご指導くださり、現在は油圧についての勉強やお客様対応に奮闘しております。日々業務をしていると、油研工業の歴史の長さを感じることが多々あります。

    80年代に納入された製品の見積が来たときはとても驚きました。昔から油研製品を使用しているお客様が多いと同時に、油研製品への信頼が大きいことを感じました。10月から正式に、担当を持たせて頂きます。楽しみでもあり、不安でもあります。これから沢山の方々に関わることが増えると思います。一つ一つ丁寧に仕事を進められる様に努めたいと思います。
    販売促進部
    業務課
    M.Y.
  • 2020年4月から東京営業一課に配属になりました。私の部署である営業一課は直接お客様とやり取りすることが多いです。先月は初めて油圧ユニットの立会に同席する機会がありました。立会で分かったことは油圧ユニットを製作するには様々な技術があり、バルブ一つ一つに意味があり、その構成で一つの装置が成り立っているということです。

    当たり前のことかもしれませんが、今の私にとってはとても複雑に感じました。私はまだ油圧回路図の読みだけで精一杯ではありますが、これから沢山の様々なことを勉強し、経験し、早く会社の戦力になれるよう努力いたします。
    ロー チャ リュウ アスカ
    東日本営業部
    東京営業一課
    Y.A.
  • 相模営業所に配属となってからは、油圧の勉強、業務課研修で学んだ手配業務、先輩の営業の同行を中心に行っております。営業は社内外で多くの方と関わっていくと思いますが、まずは社内で顔を覚えてもらい、ひたむきに仕事に取り組んでいきます。

    会社としては苦しい現状ですが、多くの事を学べる良い機会と捉え、油圧や営業についての知識を深める期間にしたいと考えております。まだ分からない事が多いですが、日々学んでいきます。
    東日本営業部
    相模営業所
    K.R.
  • 環境機械部に配属されて4ヵ月が経ちました。配属後は日々の業務を通して知らない言葉や工具の名称や利用方法を覚 えたり、環境機械部で取り扱っている製品の構造を学んだりと勉強の毎日です。図面1つにしても材質の選定や表面処 理、強度計算など把握しなくてはならない事が山のようにあります。覚えることが多く不安になることもありますが、周りの先輩方から一つ一つ丁寧に指導していただき、分からないところも質問しやすいため、日々理解を深める事が出来ています。

    今後は今まで通り業務に対する知識を深めていくのはもちろんですが、分からない事を曖昧にせず確実に理解して、1日でも早く立派な油研の社員になれるよう日々精進していきたいと考えております。
    環境機械部
    設計開発課
    K.S.
  • 入社してから半年が経ちました。配属されてからは先輩社員のご指導の下、原価計算の業務を主に担当しました。この半年間は原価計算を実行していく中で出てくるエラーの原因の調査や原価計算の結果を元に管理資料や報告書を作成す る業務などをしました。これらの業務の中で、原価計算という業務のおもしろさと難しさが少しわかりました。この半年間は、一連の仕事の流れを覚えることで精一杯でしたが、これからは業務に対する知識をさらに理解を深めていかなければならないと感じています。

    今後の目標は先ずは先輩社員から引き継いだ仕事をしっかりとこなせるようになることです。まだ、わからないことも多く迷惑をかけてしまうこともあると思いますが、1つ1つの仕事に丁寧に取り組みます。
    経理部
    経理課
    Y.K.
  • 4月に油研工業に入社して5月より総務部に配属になりました。入社してから5カ月が経ち、徐々に社 会人としての生活にも慣れてきました。配属されたばかりの頃は覚えることも多くあり毎日があっという間に過ぎていきましたが、総務部の皆様に優しく教えていただき段々と仕事にも慣れ、覚えていくことができました。総務部での業務としては、郵便・宅配便、消耗品の発注、秘書業務などを担当しております。

    他部署の方との関わりも多くあり、皆様に声をかけていただけることがとても嬉しいです。 まだまだ分からないことが多くありますが、日々多くの方に助けて頂きながら仕事をしていると感じています。今後の抱負としては、仕事を早くできるようになってたくさんの新しいことも覚えたいです。
    総務部
    総務課
    K.M.
  • 研究開発部に配属されて約半年が経ちました。今年は研修が中断となってしまったため配属されてからは不安の毎日で したが、当初と比べると一人でできる事も徐々に増え始め、自身の成長を感じています。現在、私はコンポーネント仕様書や改造検討依頼書などの設計業務を主に行っており、最近は圧力センサの評価試験やポンプの耐久試験などの実験業務を任せてもらえるようになりました。

    しかし、私自身の油圧や製品に対する知識が足りておらず、業務中に戸惑ってしまうことが多々あります。今後の目標として、業務目的を理解しながら仕事を行い、油圧や製品の知識を深められるようにしたいです。まだ分からないことばかりですが、業務中に教わったことを着実に自分のものにして、いち早く先輩社員に追いつけるよう努力したいと思います。
    研究開発部
    開発三課
    W.Y.
  • 研究開発部に配属され約4ヶ月が経ちました。これまでに私は改造検討依頼書を基にした図面の出図や、自身が設計した治具を用いた試験を行うなど、様々な業務を行いました。初めは分からないことも多く大変でしたが、私の名前が入った図面が出図されることや自ら考えた治具や部品が設計通りの形になると、とてもやりがいや喜びを感じます。業務を通じて大切だと思ったことは「物事のなぜ」を考えることです。

    ただ一方的に教えていただいたことを覚えるだけではなく、物事の意味を常に考えながら業務を行うことにより、普段気づくことのなかった新たな発見や、問題点などを見つけられると考えています。将来難しい場面に直面した際に「君になら任せられる」と言われるような信頼される社員になりたいです。
    研究開発部
    開発三課
    M.T.
.interview-wrap .chat-bgimg
  • 私は生産部資材課へ配属後、第2製造部で2カ月間の研修を行いました。研修では、実際に組立を行い、自社製品の知識を深めました。また、部品の検査・測定を行い、品質の重要性や厳しい精度が求められる箇所が製品へどのように作用 するのかを学びました。部品加工では、工場見学をする事で各工程を把握することが出来ました。今後の品質改善等の 業務では、工場研修で学んだ計測技術や加工機の知識を活用して取り組める様に心掛けます。

    現在は資材課で発注作業や納期調整を行っています。今後の目標としては、納期管理や加工不良であればその原因等で必要な情報を正確に把握する力を伸ばしていけるよう心掛けていきたいです。
    生産部
    資材課
    N.H.
FAQ

よくある質問

応募や選考に関するご質問

Q. 油圧の知識はどのくらい必要でしょうか。
入社前の段階では、文系の方はもちろん、理工系の方も油圧の予備知識は必要ありません。
入社した後に、先輩の指導や講習会、お取引先様とのやり取りを通じて、それぞれの配属部署で必要な油圧知識を身に付けていただきます。
例えば機械系技術職の場合は、学校で学んだ4大力学などの基礎知識をベースに、油圧や機械設計の専門知識を積み上げていくイメージです。
Q. 選考スケジュールを教えてください。
まずは会社説明会にご参加いただき、選考にお申込み下さい。ESの提出は不要です。
一次選考:筆記試験・適性検査・書類選考
二次選考:面接試験
最終選考:最終面接試験
標準的な選考期間は2ヶ月程度です。選考期間や選考ステップは変更する可能性がありますので、ご了承ください。
Q. 配属先は、いつごろどの様に決まるのでしょうか。(勤務地の希望は通るか?)
配属先が確定するのは入社の1~2か月前で、入社日に配属先をお伝えしています。
勤務地や配属部署は組織上の様々な要因で決まるため、希望が必ず通るというお約束はできかねますが、選考の過程では必ず希望を伺い、それを踏まえて配属先を決定しています。
Q. 外国籍の採用はどのくらいありますか?
「外国籍の方に限定した採用枠」は設けていませんが、新卒・中途を問わず外国籍の方の採用を行っています。現在は中国、ロシア、韓国、台湾の社員が活躍中です。
Q. 募集している職種を教えてください。
いわゆる「総合職」採用のため募集職種は限定していませんが、主な職種は次のとおりです。 機電系:機械系開発設計、電気系開発設計、生産技術 文系:営業(国内・海外)、生産管理、資材調達、管理系(経理、総務など) 情報系:情報システムの企画開発、社内IT推進
Q. 直近の採用人数を教えてください。
過去3年間の大卒以上の採用数は以下のとおりです。 
2019年度 7名
2020年度 9名
2021年度 7名

入社後に関するご質問

Q. 部署(職種)異動はありますか?
頻度や期間は人により異なりますが、殆どの社員は部署異動があります。
Q. ジョブローテーションはありますか?
全社員一律ではなく、少人数の選抜・育成型ジョブローテーション制度があります。この制度では、元の所属部署に戻ることを前提に複数年にまたがる育成計画が立てられ、対象者の成長をサポートしています。
Q. 新入社員教育ではどのようなことを教えていただけるのでしょうか。
①最初の1週間…社会人としての基礎や会社のルールを身につけて頂くための座学中心の研修を行います
②2週目~4月末まで…油圧機械の種類や働き方に関する講義と、工場で製品の組立や検査を行う油圧実習を行います
③5月からは職場に各職場に配属され、「職場指導員制度」に則り先輩社員がマンツーマンのOJT指導を行います。
Q. 職種によるとは思いますが、転勤の頻度を教えてください。
営業職は全国に営業所があるため、転勤の可能性が比較的高く、その他の職種は比較的少ないです。
特に技術職に関しては、開発や設計の部署が本社・相模事業所に集中しているため、部署異動はあっても転勤を伴うことは稀です。
一方、近年では職種を問わず海外グループ会社へ数年単位で赴任する社員も増えてきており、グローバルな人材交流は活発化する傾向にあります。
Q. 女性が働きやすい環境ですか?(産休・育休・時短について詳しく知りたい)
女性社員が出産や育児を理由とする退職者は直近11年間で1名だけ。自信を持って「働き続けやすい会社です!」と言えます。
近年は女性活躍推進活動の一環で、プライベートな事情を考慮しつつ、研修や社内プロジェクトにも積極的に参加していただいています。

福利厚生に関するご質問

Q. 車通勤は可能ですか?
本社・相模事業所と袋田工場は車(バイク)通勤が可能です。
但し、入社直後は環境が大きく変わり、色々と慣れないことが多く心配なため、原則として最初の3ヶ月は公共交通機関で通勤していただきます。
Q. 私服通勤可能でしょうか。
営業職は客先訪問があるため、原則スーツ通勤となります。その他の職種は私服通勤が可能です。なお、会社内では営業職はスーツ、その他は作業服か制服で働いています。
Q. 独身寮・社宅はありますか?
神奈川県藤沢市(JR/小田急線 藤沢駅)にファミリー向けの社宅があり、所定の要件を満たせば入居可能です。残念ながら、独身寮のご用意はありません。
※遠隔地にお住まいで、入社の為に引越しをされる場合は、転居費用を支給できる場合があります。
Q. 有給休暇は初年度何日付与されますか?
4月1日入社の場合、所定の手続きを経て、原則として7月1日に有給休暇が12日付与されます。その翌年の3月16日に14日付与されます。(最大で年間20日まで逓増)
Q. 年間休日はどのくらいですか。
年間休日は125日です。
Q. 住宅手当はありますか?
あります。持ち家か賃貸かに関わらず、標準的な支給額は月3,000円です。
Q. 労働組合などはありますか?
油研工業労働組合という、一般社員の大半が加入する労働組合があります。
Q. フレックス制度はありますか?
研究開発職などの限られた部署でフレックス勤務制度の利用が可能です。