Home > 油研工業の社会貢献活動

油研工業の社会貢献活動

油研工業は、地球環境の保全・資源の保護が人類共通の重要課題であることを認識し、環境社会に貢献する活動を積極的に展開しております。

アルミ缶回収運動

2007年より当社事業所内で発生したアルミ缶を回収して、その売却代金で車椅子を購入し福祉施設へ寄贈する運動を実施しております。2015年10月までに集まったアルミ缶の累計は2236kgでこれまでに3台の車椅子を購入し、綾瀬市社会福祉協議会へ寄贈いたしました。現在は綾瀬ボランティアセンターで社会福祉事業のために有効に使用されております。車椅子1台当たりのアルミ缶の必要量は約450kgです。
資源の有効活用と共に社会福祉への貢献も果たせるこの活動を、今後も継続して実施していきます。

アルミ缶回収の流れ

ペットボトルのキャップ回収

アルミ缶同様に当社事業所内で発生したペットボトルのキャップを集めてポリオワクチンの購入を実施し、毎月1回約5,000個を綾瀬ボランティアセンターに持参しております。


ペットボトルのキャップは430個で10円になり、ポリオワクチン1人分20円ですので、860個(2kg)で一人の子供の命が救えます。油研工業は、毎月約6人分のポリオワクチン購入に貢献していることになります。 世界の子供たちの命を救うこのリサイクル活動を今後も継続して実施していきます。

ペットボトルのキャップを外してリサイクル


世界の子供にワクチンを エコキャップ推進協会の回収運動はこちらから

※イラスト出典(缶、ペットボトルキャップ、ペットボトル)経済産業省 ごみイラスト素材集 2005-08-08